おいたち

院長からひとこと

学会発表

招待講演

受   賞

金澤 稔郎・獣医師

かなざわ  としろう

 私たちに毎日限りない幸福と生きるエネルギーを与えてくれる可愛らしい動物たち。
そんな彼らにいつまでも健康でいて欲しい・・・・   これは誰もがみんな願っていることです。     
私たちがちょっと気を配ってあげることで、動物たちが健康な体を維持でき、幸せに長生きもできれば、逆にちょっと注意を怠ったばかりに事故にあったり、病気で手遅れになってしまうこともあります。あなたの大切な動物の運命はあなたの手の中に委ねられています。 生きるも死ぬも、健康に過ごせるのも病気や怪我で苦しむのも、動物たちはその運命を飼主に託しているのです。 動物たちの発しているシグナルを毎日毎日キャッチしてあげてください。「今日は気分がいいよ!」とか、「ちょっと食欲がないんだ〜」とか、「おなかが痛いよぉ」とか。 人間の言葉を話すことは出来ない動物たちですが、 毎日注意深く接しているとこのようなシグナルを発しているのがわかります。 その日のシグナルをちゃんとキャッチしてあげてくださいね。そして、いつもと違うシグナルをキャッチしたら、早めに私たち獣医師に相談してください。私たち獣医師は動物の発するシグナルを解析するプロフェッショナルですが、それでもその動物の変化を感じ取る感性は毎日その子に接している飼主にはかなわないことも多くあります。私たちプロの獣医師と飼主であるあなたの力が合わさって、始めて正しい診断と正しい治療がおこなえるのです。 毎日できるだけたくさん声をかけ、体を触ってあげてください。そうすれば、動物たちの体調のシグナルはもちろんのこと、動物たちがあなたに発している「愛情の言葉」もいっぱいいっぱい感じることが出来るでしょう!




* * * * *

執筆・翻訳・紹介記事など