お尻のためのホームページです


日頃悩んでいるにもかかわらず少し恥ずかしく病院に行けない人,ちょっと覗いてみてください.

まず肛門の解剖につて勉強しましょう.

ピンク色の直腸粘膜は痛みを感じる神経はありませんが,白っぽくなる肛門の上皮はその神経が あり痛みを感じます.この境界を歯状線と云いますがこの付近に内痔静脈叢が普通3つあり, 血液の流れが悪くなると血管が拡張し静脈瘤となり腫れてきます.こうなると血液の流れがよどみ, 血栓を作り炎症を起こすのが内痔核で腫れがひどくなると肛門の外まで顔を出してきます, これが脱肛です.肛門の外側には外痔静脈叢があり同様に拡張すると血栓を作り腫れてきます, これが外痔核で必ず血栓を形成していますので血栓性外痔核ともいいます.ここは痛みを感じる 神経がありますのでとても痛く座れなくなるほどで,もちろん初めから外に出来たものですから 押し込んでも中に入りません.肛門の括約筋は直腸から続いている内括約筋と骨盤から 続いている外括約筋があり,内括約筋は自分で締めたりゆるめたりできないのですが, 外括約筋はそれが出来ます.この括約筋が分厚く発達すると排便時に充分拡張できず, しかも便が硬くなると肛門上皮は引っ張られ裂けてしまい裂肛となります.慢性的になると炎症により 肛門の外側に見張りイボというたるみができたり,肛門の直腸側に肛門ポリープができたりします. 肛門ポリープは排便時に脱出してくることも多く肛門に何か挟まったような感じがします. このポリープは腫瘍ではなく炎症で起こってくる炎症性ポリープで癌の原因にはなりません. また歯状線の付近には4つから8つぐらいの粘液を出す肛門腺があり,これは括約筋の 中にもぐり込んでおり感染を起こすと強い痛みを伴う急性の肛門周囲膿瘍となり, 慢性化すると痔瘻となります.ときどき急性の肛門周囲膿瘍を繰り返す人もいますが, 半数以上は慢性化して痔瘻となります.


肛門には大きく3つの病気があります,これらについて勉強しましょう.

  1. 痔核
  2. 裂肛
  3. 痔瘻


次に治療につて勉強しましょう.


それでは痔にならないための予防策はあるのでしょうか.


ここでちょっとコーヒーブレイクしてみませんか


知っておきたい痔以外の肛門の病気


痔と間違えるこわい病気


もしよければ見てやって下さい.私の勤務する西の京病院の紹介です.


何かご質問があれば 桜井隆久 sakrai@mahoroba.or.jp.までお問い合わせ下さい. ただ,お問い合わせが多すぎたりしますと御返事出来ないこともあるかもしれませんので 御了承下さい.

また本文に用いました図は社会保険中央病院大腸肛門病センターの隅越先生,岩垂先生の パンフレットからと,NETTER 先生の THE CIBA COLLECTION から拝借させていただきました.


  • あなたは、 目です。
    バーチャルホスピタル入口へもどる