くすりのまち・高取


高取町の工業生産の大半は何といっても製薬です。先人の時代から家庭薬配置 販売を通して受け継がれてきた人間関係は広く日本全国におよび、今も「たか とりの薬」は広く愛用されています。大和売薬はいつごろ始まったかは不詳で すが、江戸時代の終りごろにはすでに伊勢街道沿いに売薬があったという記録 が残されています。柳ゴウリをかついで全国各地を行商する姿は、今も町の「 くすり民俗資料館」(大和歴史研修センター)に展示されています。
薬売り

高取町の概要へもどる