4年生
 
 
 リサイクル館かしはら見学
6月14日に、リサイクル館に社会見学に行きました。どんな仕事をしているかをお聞きした後、クイズやシアターでリサイクルの大切さを学んだり、仕事をしている様子を見せて頂いたりしました。ビンが機械で色別に分けられることや、廃棄される家具や自転車をきれいに直してもう一度使えるようにしていることなど、初めての発見もたくさんできました。ゴミにしてしまわないように、私たちにできることはまず分別から!学んだことをぜひ生かしていきたいですね。
 
 下水道

今日は、市の下水道課の方に、みんなが使った水はどうなるのか、水のゆくえについて教えていただきました。お話を聞くだけでなく、水をきれいにするのに欠かせない微生物を顕微鏡で見たり、きれいにする前、しているところ、した後の3種類の水の色やにおいを実際に確認したりと、本で勉強するだけではわからない所までくわしく学ぶことができました。トイレットペーパーとティッシュペーパーのどちらが溶けやすいかを調べる実験では、その違いに子どもたちもとてもおどろいていました。きれいな水を大切にしていくために自分たちには何が出来るか、この機会にしっかり考えていけたらなと思います。  

 
 
 バランスを考えて演奏しよう

4年生は音楽で、「歌のにじ」という曲を演奏しています。今日はグループで、歌とリコーダーの音のバランスを考えて演奏しました。 班によってリコーダーを2人にしたり、4人にしたり・・・
最後には全体でならどれくらいの人数がいいかも考えました。
クラスがちょうどいいハーモニーになるのは、何人かな?

 
 
リレー大好き!

 運動場での体育で、リレーに取り組んでいる子どもたち。早くも夏空の中、しんどくならないかヒヤヒヤしながら指導にあたる先生を尻目に、子どもたちは汗をかきながらも楽しんで「今日もリレーしたい!晴れろー!」と空に祈っています。
 3日には、練習を終えてリレーをする時に、突然ぽっかりお日様の周りに虹が出ていました。「ハロ」というそうですが、不思議な現象にみんな見とれていました。「たいよう」をめざす4年生に、太陽も虹をかけて応援してくれているのかもしれませんね。
 

 
 
春の遠足〜森と水の源流館と御所浄水場〜

 4年生はバスに乗り、御所浄水場と川上村にある大滝ダム・森と水の源流館に行きました。 御所浄水場では、水がきれいになるまでの行程を見せて頂きました。甲子園5個分もある広い敷地で、太陽光パネルの多さにびっくりしたり、ろ過に使う砂の洗浄する様子をみせてもらったりと、子どもたちは興味深く学んでいました。
 その後大滝ダムを見て楽しいお弁当タイムの後、森と水の源流館では源流や自然林を大切にしてきた川上村の取組みを通して、水が自分たちの生活に密接に関わっていることを学びました。学びの多い遠足でしたが、楽しみながら意欲的に水のことを学ぶ様子を見て、また一歩成長できたように思います。大切な水を守るために何ができるか、しっかり考えて生かしていきたいですね。

 

 

4月 春の自然の観察

4年生最初の理科は春の自然の観察です。3年生では観察のしかたについて学習しましたが、4年生では1年間の自然のうつりかわりを観察で調べていきます。まずは校庭のきれいな桜の木を観察。
「温度計は日光に直接当てないようにしなきゃ」「花の中が黄色いのと赤いのがあるのはなんでやろ?」など、お花見とはまた違った桜の様子をしっかり観察できました。そして、4年生ではつるのある植物・ヘチマを育てます。班ごとに苗を大事そうに土に植えて、水をいっぱいかけてあげていました。たくさんできたらヘチマのスポンジが作れるかも?水やりも忘れずがんばりましょうね。