『仰げば尊し』の原曲と原詞


「仰げば尊し」の原曲と原詞について、若山さんからメールが届きました。
掲載許可をいただきましたので、ご紹介いたします。



1.若山さんからのメール

初めまして、いつも楽しく貴サイトを見させていただいております。

貴サイトの「仰げば尊し」について、サイト上では作詞作曲者不詳となっておりますが、どうやら原曲は、1871年にアメリカで出版された『The Song Echo』という曲集に収録されている『Song for the Close of School』という曲だということが一橋大学名誉教授の桜井雅人氏によって判明したそうです。また、作詞者はT・H・Brosnan、作曲者はH.N.Dという人物です。
ですが、この曲がどうやって日本に入ってきたのか、また、日本語訳詞の作者が誰なのかは依然不明のままだそうです。
また、添付いたしました画像ファイルは、Google Booksで無料公開されている『The song Echo』の中の『Song for the Close of School』の楽譜(下記の2参照)で、英文テキストファイルは楽譜に書かれている原詞を文字に起こしたもの(下記3参照)です。
どうかご参考になれば幸いです。

2015年3月20日


2.楽 譜



3.原詞(上記の楽譜中に記載されているもの)

Song for the Close of School

1.
We part today to meet, perchance,
Till God shall call us home
And from this room we wander forth,
Alone, alone to roam.
And friends we've known in childhood's days
May live but in the past,
But in the realms of light and love
May we all meet at last.

2.
Farewell old room, within thy walls
No more with joy we'll meet
Nor voices join in morning song,
Nor ev'ning hymn repeat.
But when in future years we dream
Of scenes of love and truth,
Our fondest tho'ts will be of thee,
The school-room of our youth.

3.
Farewell to thee we loved so well,
Farewell our schoolmates dear
The tie is rent that linked our souls
In happy union here.
Our hands are clasped, our hearts are full,
And tears bedew each eye;
Ah, 'tis a time for fond regrets,
When school-mates say "Good Bye."