Ich schnitt' in seine Rinde so manches liebe Wort(みきにはえりぬゆかしことば)



菩提樹のこの部分の直訳は「私はその幹に数々の愛の言葉を刻んだ」です。でありますから、楽譜下に書いてある近藤朔風訳詞の「みきにはえりぬゆかしことば」を「幹に、生(は)えりぬ、ゆかし言葉」と歌うのは大間違いでして、「幹には、彫(え)りぬ、ゆかし言葉」ですね。(^^) 二番の歌詞のその部分では「えだは/そよぎて/かたるごとし」と、文節の切れる場所が違いますから、勘違いも仕方ないかな・・・。



  


麦畑(誰かが誰かと)の原詞

Comin' thro' the Rye,

If a body meet a body,
Comin' thro' the Rye,
If a body kiss a body,
Need a body cry?
Ev'ry lassie has a laddie,
Nane they say, ha'e I;
Yet a' the lads they smile on me,
When comin' thro' the rye.






  


「荒城の月」の歌の意味(その1)

1.
春には、もとここにあった城の中で、にぎやかな花見の宴がはられたにちがいない。はずむ声。笑い、そして酒をくみかわす盃……。
そして、城壁の大きな松の枝あいからは、月の光がさしこんでいたに違いない……。そんな、昔の面影はどこへいったのだろうか。

2.
秋は秋で、戦いにそなえて、陣営の中は、ぴーんと張りつめたふんいきであろう。
その空には、渡る雁の姿も見えていて……。よろいに身をかためた武士たちの、槍や刀をそっと照らしていた、あの昔の光は、どこにいってしまったのだろうか。

3.
いま、月は昔と変わらぬ光を投げかけているが、荒れ果てた城あとには人の気配もない。
垣には、ただ葛が生い茂り、松の枝を鳴らしているのは、さびしい風の音だけだ。

4.
大自然の移りゆきは少しも変わらないのに、人の世は栄えたり、亡びたりをくりかえしている。
その人間のはかなさを告げようとでもいうのだろうか。荒れ果てた城に、いま、月の光はこうこうと降りそそいでいる。

「教科書に出てくる歌のことば図鑑・5年生の歌」(ポプラ社)より。



  


「荒城の月」の歌の意味(その2)

月明の夜に「荒城」あれはてた城の前に立って栄枯盛衰の感慨に耽っての発想がこの詩となっているのであります。
この詩の大意は、毎年春になればこの城の領主は「高楼」(たかどの。やぐら)で桜の花見の宴を催した、そして、年毎にめぐりくる花の宴も、「盃かげさして」盛大でなくなり、「千代の松が枝」茂り栄えたその枝の向こうから月の光りが照してた、そのような領主の勢威も今はもう過ぎ去った日のこととはなった。
領主が盛んなりしころは、秋の夜、白い霜のおりる夜、鳴きわたる雁も二羽三羽、五羽六羽、十二三羽と列をなして、折から英気を試すために陣営にあった領主が抜き放つ日本刀のやいばに照る月光のかがやき、その領主の勢威も今はもう返らぬものとはなった。
夜ふけの荒れはてた城の上に今夜も月が出ている。その月光は遠いむかしも今も変りはない。この月光は盛者のためにのみに照りそえているのではなかったのだ。ああ盛者必滅、今この荒城の石垣にのこるはただ蔦かつら、石垣からのぞく松に声なし、風に音なし、相ふれて栄枯盛衰の悲哀を歌っているのだ。

船木枳郎著「日本童謡童画史」(文教堂出版)p.140より



「荒城の月」の二番の歌詞に出て来る「植うるつるぎ」の意味については、次の本の『植うる剣』および『「植うる剣」再論』のところに、いろいろな説が詳しく載っています。

高島俊男著「お言葉ですが…E/イチレツランパン破裂して」
文藝春秋、2002年6月15日発行、ISBN4-16-358170-7、定価1762円+税
同氏の本は、「お言葉ですがシリーズ」に限らず、どれもこれも大変おもしろくてためになります。おすすめです。(^^)






「蛍の光」の歌の意味

1.
むかし、中国のある人は、ほたるの光や窓の雪あかりで本を読んだといわれているが、私たちも苦労していろいろな本を読み、長いあいだ勉強してきたものだ。
早いもので、気がつくといつの間にか月日がたっていて、今日この日、とうとう巣立っていく日がきてしまった。

2.
別れというものはさびしいものだ。とどまるものにとっても、行くものにとっても……。
これきりでもう会えぬかもしれない……そんな気もしながら、おたがいにかぞえきれないほどの思いを、ただひとこと、元気でね、おたがい元気でね、と、心をこめて歌うのだ。

「教科書に出てくる歌のことば図鑑・5年生の歌」(ポプラ社)より。





  


Auld Lang Syne(「蛍の光」の原詩)
過ぎ去りし遠い過去の日々

Should auld acquaintance be fogot,
And never brought to mind?
Should auld acquaintance be forgot,
And days of auld Lang Syne?
For auld lang syne, my dear,
For auld lang syne,
We'll take a cup o'kindness yet,
For auld lang syne.

And here's a hand, my trusty frien',
And gie's a hand o' thine.
We'll take a cup o' kindness yet,
For auld lang syne.
For auld lang syne, my dear,
For auld lang syne,
We'll take a cup o'kindness yet,
For auld lang syne.



「せいくらべ」の歌の意味

1.
部屋の柱についているきずあとは、おととしつけたものだ。そう、おととしの五月五日の子供の日に、兄さんとせいくらべをしたときのものだ。ちまきを食べながら兄さんがはかってくれた、ぼくのせの高さだ。
でも、きのうそのきずのあとの所に立ってくらべてみたら、「えっ、どうしたんだろう!」。いま、着ている羽織の、むすんだひもの高さじゃないか。ずいぶんのびたんだなあ!

2.
その、せいくらべをした柱によりかかって、まどのむこうをながめると、遠くかさなりあいながら見えている山も、ぼくらと同じように、せいくらべをしているみたいだ。みんな、せが高くなりたいんだ。
とりまいている雲の上に、山のてっぺんをのぞかせて、めいめいが、まけるものかと、せのびをしているみたいだ。
でも、その中で、まだのこっている ぼうしのような あの雪がとけてしまったとしても、やっぱり 一番高いのは、もんくなしに 富士山だ。

「教科書に出てくる歌のことば図鑑・3年生の歌」(ポプラ社)より。



Oh, My Darling Clementine


1.
In a cavern, in a canyon
excavating for a mine,
Dwelt a miner, forty-niner
and his doughter Clementine.
(CHORUS)
Oh my darling, oh my darling,
oh my darling, Clementine.
You are lost and gone forever,
dreadful sorry, Clementine.

2.
Light she was and like a fairy
and her shoes were number nine.
Herring boxes without topses,
sandals were for Clementine.
(CHORUS)

3.
Drove she ducklings to the water
every morning just at nine,
Hit her foot against a splinter,
fell into the foaming brine.
(CHORUS)

4.
Ruby lips above the water,
blowing bubbles soft and fine,
Alas for me! I was no swimmer,
so I lost my Clemetine.
(CHORUS)

5.
In a churchyard near the canyon,
where the myrtle doth entwine,
There grow reses and other posies,
fertilized by Clementine.
(CHORUS)

6.
Then the miner, forty-niner,
soon began to peak and pine,
Thought he oughter join his daughter,
now he's with his Clementine.
(CHORUS)

7.
In my dreams she still doth haunt me,
robbed in garments soake in brine,
While in life I used hug her,
now she's dead I draw the line.
(CHORUS)

8.
How I missed her, how I missed her,
how I missed my Clementine,
Until I kissed her little sister,
and forgot my Clementine.
(CHORUS)

9.
Now ye Scouts all heed the warning
to this tragic tale of mine,
Mouth-to-mouth resuscitation
would have saved my Clementine.
(CHORUS)



   

Her Bright Smile Haunts me Still


1.
'Tis years since last we met,
And we may not meet again,
I have struggled to foget,
But the struggle was in vain;
For her voice lives on the breeze,
And her spirit comes at will;
In the mid-night on the seas,
Her bright smile haunts me still.

2.
At the first sweet dawn of light,
When I gaze upon the deep;
Her form still greets my sight,
While the stars their vigils keep;
When I close mine aching eyes,
Sweet dreams my senses fill;
And from sleep when I arise,
Her bright smile haunts me still.







   

My Old Kentucky Home


1.
The sun shines bright in my old Kentucky home,
'Tis summer the darkies are gay,
The corn top's ripe and the meadow's in the bloom,
While the birds make music all the day.
The young folks roll on the little cabin floor,
All merry,All happy and bright:
By'n by Hard Times comes a knocking at the door,
Then my old Kentuckey Home,good night!
Weep no more,my lady! Oh! weep no more today!
We will sing one song for the old Kentuckey Home,
For the old Kentuckey Home far away.

2.
They hunt no more the possum and the coon
On the meadow, the hill, and the shore,
Tey sing no more by the glimmer of the moon,
On the bench by the old cabin door.
The day goes by like a shadow o'er the heart,
With sorrow where all was delight:
The time has come when the darkies have to part
Then my old Kentuckey Home,good night!
Weep no more,my lady! Oh! weep no more today!
We will sing one song for the old Kentuckey Home,
For the old Kentuckey Home far away.

3.
The head must bow and the back will have to bend,
Wherever the darkey may go:
A few more days, and the trouble all wil end
In the field where the sugar-canes grow;
A few more days for to tote the weary load,
No matter, 'twill never be light,
A few more days till we totter on the road,
Then my old Kentuckey Home,good night!
Weep no more,my lady! Oh! weep no more today!
We will sing one song for the old Kentuckey Home,
For the old Kentuckey Home far away.



   

Dreaming of Home and Mother


1.
Dreaming of home, dear old home!
Home of my childhood and mother;
Oft when I wake 'tis sweet to fine,
I've been dreaming of home and mother.
Home, dear home, childhood's happy home
When I played with sister and with brother,
'Twas the sweetest joy when we did roam
Over hill and thro' dale with mother.
Dreaming of home, dear old home,
Home of my childhood and mother;
Oft when I wake 'tis sweet to fine,
I've been dreaming of home and mother.



コンドルは飛んでいく


El condor pasa
English words by Paul Simon


I'd rather be a sparrow than a snail.
Yes I would, If I could, I surely would. Hum.

I'd rather be a hammer than a nail.
Yes I would, If I only could,
I surely would. Hum.

Away, I'd rather sail away
Like a swan that's here and gone.
A man gets tied up to the ground, He gives the world
its saddest sound, its saddest sound.

I'd rather be a forest than a street
Yes I would. If I could, I surely would.

I'd rather feel the earth beneath my feet,
Yes I would. If I only could,
I surely would. Hum. Hum. Hum.


島原の子守唄(元歌)


松永伍一著「日本の子守唄」紀伊国屋書店刊より

1.
おどみゃ島原の
おどみゃ島原の
梨の木育ちよ
何の梨やら何の梨やら
色気なしばよしょうかいな
はよねろ泣かんでおろろんばい
鬼の池の久助どんの連れんこらるばい

2.
帰りにゃ寄っちくれんか
帰りにゃ寄っちくれんか
あばら家じゃけんど
芋飯(といもめし)ゃ粟(あわ)ン飯
芋飯ゃ粟ン飯
黄金飯(こがねめし)ばよしょうかいな
嫁御(よめご)ン紅(べ)ンナ誰(た)がくれた
つばつけたなら赤(あ)ったかろ

3.
姉しゃんなどけいたろうかい
姉しゃんなどけいたろうかい
青煙突のバッタンフル(注)
唐はどこんねき
唐はどこんねき
海のはてばよしょうかいな
おろおろんおろろんおろろんばい
おろおろんおろろんおろろんばい

4.
山ン家(ね)はかん火事げなばい
山ン家(ね)はかん火事げなばい
サンパン船はよろん人
姉しゃんなにぎん飯で
姉しゃんなにぎん飯で
船ン底ばよしょうかいな
おろおろんおろろんおろろんばい
おろおろんおろろんおろろんばい

5.
あん人たちゃ二つも
あん人たちゃ二つも
金の指輪(ゆびがね)はめとらす
金はどこん金
金はどこん金
唐金げなばいしょうかいな
おろおろんおろろんおろろんばい
おろおろんおろろんおろろんばい


(注) 三番の歌詞に出てくる「青煙突のバッタンフル」について、スワイアー日本支社に勤務しておられた木島さん(津市在住)から、次のメールを頂きました。ありがとうございます。(2005/06/01)

参考までに:
「島原の子守唄(原曲)」の三番目の歌詞中に出てくる「青煙突のバッタンフル」という意味は、一般の人には何の事かわからないと思います。
「バッタンフル」とは、"Butterfield & Swire Ltd"の事で、イギリスのリバプールに本社を置く香港を拠点として船会社を基幹とする総合企業の意味です。
日本では1870年(明治3年)、横浜に日本オフィスを設けています。
バターフィールド卿は共同経営者を離れたので、現在は 'John Swire & Sons Ltd' が 'Swire Group'の本社機構の名前です。
日本からは、阪神大震災の影響で海運関係の事業からは撤退しましたが、 'Swire Group' の一員である 'キャセイ航空' が残っています。
「青煙突」というのは、当時バターフィールド & スワイヤが古くから親交があり、極東の代理店をしていた英国の代表的船会社 "TheBlue Funnel Line" の貨物船の特徴ある煙突の事を言っています。(添付写真参照)
(関連URL http://mkijima1.photosite.com/swirehouse/)






「正調(?)・五木の子守唄」

1.
おどまいやいや泣く子の守りにゃ
泣くといわれて憎まれる

2.
ねんね一ぺん言うて眠らぬやつは
頭たたいて尻ねずめ

3.
ねんねした児に米ン飯くわしゅ
黄粉アレにして砂糖つけて

4.
ねんねした児のかわいさむぞさ
起きて泣く児の面憎さ

5.
子どんが可愛いけりゃ守に餅くわしゅ
守がこくれば児もこくる

6.
つらいもんばい他人の飯は
煮えちゃおれどものどこさぐ

7.
おどま馬鹿々々馬鹿んもった子じゃっで
よろしゅ頼んもす利口か人(しと)

8.
おどま盆ぎり盆ぎり盆から先ゃおらんと
盆がはよくりゃはよもどる

9.
おどま非人(かんじん)々々あん人たちゃよか衆
よか衆よか帯よか着物(きもん)

10.
おどま非人々々ぐわんがら打ってさるこ
ちょかで飯ちゃあて堂にとまる

11.
おどんがこン村に一年おれば
丸木柱に角がたつ

12.
丸木柱に角たつよりは
おどまはよ暇ンでればよか

13.
おどんがおればこそこン村もめる
おどんが去(い)たあと花が咲く

14.
花が咲いてもろくな花ささん
手足かかじるイゲの花

15.
おどんがうっ死んだちゅうて誰が泣(にあ)てくりゅうか
うらの松山蝉がなく

16.
蝉じゃござらん妹でごさる
妹なくなよ気にかかる

17.
おどんがうっ死んだら道ばちゃいけろ
通る人ごち花あぎゅう

18.
花はなんの花つんつん椿
水は天からもらい水

19.
おどんがとっちゃんなあン山おらす
おらすともえば行こごたる



アニー・ローリーの原詞


Max Welton's braes are bonnie
Where early falls the dew
And 'twas there that Annie Laurie
Gave me her promise true.

Gave me her promise true
That ne'er forgot shall be
And for Bonnie Annie Laurie
I'd lay me doon and dee.

Her brow is like the snowdrift
Her nape is like the swan
And her face it is the fairest
That 'ere the sun shone on.

That 'ere the sun shone on
And dark blue is her E'e
And for Bonnie Annie Laurie
I'd lay me doon and dee.

Like the dew on the Gowan Lion
Is the fall of her fairy feet
And like winds in the summer sighing
Her voice is low and sweet.

Her voice is low and sweet
And she's all the world to me
And for Bonnie Annie Laurie
I'd lay me doon and dee.



  
北原白秋作詞「たあんき ぽうんき」



1.
たあんき、ぽうんき、たんころりん。
たにしがころころないている。

2.
たあんき、ぽうんき、たんころりん。
からすがたにしをつついてる。

3.
たあんき、ぽうんき、たんころりん。
かえるが目ばかり出している。

4.
たあんき、ぽうんき、たんころりん。
ちんちん電車もやってくる。

5.
たあんき、ぽうんき、たんころりん。
お彼岸まいりもつづいてる。



  
十人のインディアンの原詞



1.
One little, two little, three little Indians,
Four little, five little, six little Indians,
Seven little, eight little, nine little Indians,
Ten little Indian boys.

2.
Ten little, nine little, eight little Indians,
Seven little, six little, five little Indians,
Four little, three little, two little Indians,
One little Indian boy.





  
「オ パキャマラド」の意味──その1



以下は、「ごんべ掲示板」に以前書き込まれた、「オ パ キャマラド」の話題。
文中仮名にしました。また、引用行の削除等少し編集しました。

----------------------------------------------------------------------------
■ はじめまして
■CCCC(876) 投稿日:2000年2月13日<日>20時15分
初めまして。こんな楽しそうな、まるで歌声喫茶にいるよなサイトを見つけるこ
とができてうれしいです。これからちょくちょくよりたいと思っています。
ところで、「クラリネットをこわしちゃった」の中に「オーパッキャマラド」と
いう言葉が出てきますけど、これはどういう意味なんでしょうか。ご存じの方がい
ましたら教えてください。
よろしくお願いします。


■ Re:はじめまして
■ごんべ007(884) 投稿日:2000年2月15日<火>05時40分
あ、これ、ごんべは調べたけどわかりませんでした。
なんでもフランス語だから、フランス人に聞いたら一発でわかるといってた人がい
ましたけど、本当でしょうか?


■ 「パッキャマラド」
■SSSS(896) 投稿日:2000年2月18日<金>12時22分
確か、「目覚ましTV」だったと思いますが、説明していましたよ。
「オパ」=「歩く」、「キャマラド」=「仲間達」です。


■ 「パッキャマラド」
■MMMM(1) 投稿日:2000年2月23日<水>04時28分
そろそろ僕の出番かな?
ごんべさんご無沙汰してるです、どうも。
オー パ キャマラドは「AU PAS CAMARADE」じゃないかと思います。
ハハハ.僕も知らずに歌ってました。
SSSSさんのおっしゃるとおり AU PAS は ...の歩調で、という意味で
CAMARADE には仲間と言う意味のほかに 左系のひとで呼び合う「同志」
という意味と「戦友」「軍隊仲間」言う意味もあるみたいです。
同僚のフランス人に聞いたんですが
「子供の時から歌っているからどんな意味か分からない」と言う答えしかありませ
んでした。
ただ 「オーパキャマラドォ パキャマラドォ パキャマラドォ」と言いながら歩く
と軍隊の行進に合うようなんですけどね.....
CCCCさんの説もなるほどと思いますハイ確かに。
なんか政治的な事が隠されてる様にも思えます。
ちょっと眠れなくなりそうです。
それでは


■ ありがとうですぅ
■ごんべ007(3) 投稿日:2000年2月23日<水>05時26分
MMMMくん、おひさしぶり。
やっとフランス在住のMMMMくん(元町長)のお目にとまりましたか?
よかったよかった。
ふーん、オーパキャマラドは、フランス人もよく知らないんだ……。
ごんべは日本人だから、知らなくて当然だな(って、自慢してどうする>ごん
べ)。


■ Re:ありがとうですぅ
■MMMM(4) ごんべ007さんへ 投稿日:2000年2月23日<水>05時54分
あれま! ごんべさん朝早いですねえ? 僕はやっと残業を終えたとこです。
今、新たな説が浮上してきました。
例の 「オーパッキャマラド」ですが
軍隊の列を整えるために 「オーパッキャマラド」と号令をかける連隊があるそう
なんです。兵役に行ってた同僚の説です。
即ち、狂ったクラリネットの音階に対して「いごいごすんな!ちゃんと整列せいや
あ」と命令しとるちゅうさあなで。
なんだいやそがなことかいや。 です

でもまだまだ調べる価値がありそうです。
鳥取県東伯町以外の人には翻訳してあげてください。
それじゃ、いってらっしゃーい
なんだいやそがなことかいや!!!
さあ そっだがないや

(ごんべ注)-------------------------------------------------
赤文字の部分を東京弁(標準語)に翻訳しますと、次のような意味です。

即ち、狂ったクラリネットの音階に対して「うろうろするな、きちん
と整列しろよ」と命令しているということらしいです。
なあんだ、そんなことなのか、です。
(ごんべ注終わり)-------------------------------------------


■ Au Pas Camarade
■aaaa(7) 投稿日:2000年2月23日<水>12時40分
http://www.netlaputa.ne.jp/%7Ekomaboo/bbs/list57.htm
にこんな話題が…
−−−−−以下引用−−−−−
オパッキャマラドはフランス語です。Au Pas Camaradeと綴り、
「友だちよさぁ行こう!」とかいう意味だそうです。
訳詞者の石井好子氏(シャンソンの大御所)が、
語感が面白かったんでわざとそのままにしたそうです。
・・・と、フジテレビの「めざましテレビ」の
「走れ!めざまし調査隊」というコーナーで、つい先日やってました。
訂正ですわ。オパッキャラマドは正しくはAu Pas Camarades(←複数形)ですわ。
フランス語では最後のsは発音しないのですわ。
−−−−−引用終わり−−−−−


■ こんなに話題が続くなんて・・・
■CCCC(8) 投稿日:2000年2月23日<水>23時15分
みなさん、私の質問におつきあいいただいてありがとうございます。この掲示板の
パワーを見せていただきました。狂った音階に整列しろと命令しているというのが
もっともらしいのですが、真相はどうなんでしょうね。
それにしても、みなさんすごいなぁ。


■ きゃまらど
■NNNN(9) 投稿日:2000年2月24日<木>00時20分
「キャマラド」はフランス語でも「仲間」という意味だったんですね。
ドイツ語と似てますね。フランス語とドイツ語って、仲間なんでしたっけ?
以前NNNNは「Alpen Jodler Kameraden(アルプスのヨーデル歌いの仲間たち)」と
いうサークルとお付き合いがあったので、フムフムとうなずきながら読んでいました
(^^)




「オ パキャマラド」の意味──その2



RINさんから、メールを頂きました。(20050829)
以下、ほとんどそのまま掲載させていただきます。RINさん、ありがとうございました。m(..)m

▽以下、部分引用--------------------------------------------------------------

さて、「クラリネットを壊しちゃった」の歌詞の「オーパッキャマラド」の件で、こういう意味だ、
という掲示板での遣り取りが載っているのを拝見しましたが、私が知っている“意味”は、違うもの
でしたのでご報告させて頂ければと思いメールさせて頂きました。

確かにあれはフランス語の「AU PAS CAMARADE」であり、意味も「一歩、一歩だ、友よ」なのですが、
それは音階に整列しろ、と命令しているのではなく(だって“ぼく”は二番で“音が出ない”と歌っ
ているのだから、音は滅茶苦茶な音も含め何もて出ていないハズなのです)、“パパ”が「ちゃんと
練習しなくては音は出ないよ、一歩一歩進んでいくんだよ」と息子を励ましている、というのを誰か
から聞きました。
「友よ」というのは同じ音楽を志す息子を「同志」として対等に見ているから、と考えれば辻褄は合
うと思います。

初めてお邪魔させて頂いたのに、いきなりこのようなメールを差し上げるのはどうかとも思いました
が、この言葉の意味を知ってからこの曲が更に大好きになったので、是非聞いてもらいたい、と思い
ました。もしも既出の意見でしたら、申し訳ありません。
若輩無知の戯言ではありますが、お心の隅にでも留めて頂ければ幸いです。

2005年8月29日 RIN・拝






「かねがなる」の鐘の音の聞こえ方


♪たずね歌・さがし歌♪掲示板 [過去ログ] より抜粋。


German(ドイツ語)
Ding dang dong
ディン ダン ドン

English(英語)
Ding ding dong
ディン ディン ドン

French(フランス語)
Ding ding dong
ディン ディン ドン

Italian(イタリア語)
Din don dan
ディン ドン ダン

Latin(ラテン語)
Piu pau pou
ピゥ パゥ ポゥ(???)

Spanish(スペイン語)
Din, don, dan
ディン ドン ダン

Dutch(オランダ語)
Bim, bam, bom
ビン バン ボン

Czech(チェコ語)
vstavej ji?
???

Romanian(ルーマニア語)
Ding dang dong
ディン ダン ドン

オランダ語がちょっとユニーク。
ラテン語はかなりユニーク。
チェコ語は意味不明(^^;
チェコ語のは擬音語になってないのかな?
擬音語を使う習慣がないのかも。



Waltzing Matildaの原詞


Once a jolly swagman camped by a billabong,
Under the shade of a coolibah tree,
And he sang as he watched and waited till his billy boiled
You'll come a waltzing Matilda with me.

Chorus:
Waltzing Matilda, Waltzing Matilda,
You'll come a waltzing Matilda with me,
And he sang as he watched and waited till his billy boiled,
You'll come a waltzing Matilda with me.

Down came a jumbuck to drink at that billabong,
Up jumped the swagman and grabbed him with glee,
And he sang as he shoved that jumbuck in his tuckerbag
You'll come a waltzing Matilda with me.

Chorus:
Down came the stockman riding on his toughbred;
Down came the troopers one, two three.
Where's the jolly jumbuck you've got in your tucker bag?
You'll come a waltzing Matilda with me.

Up rode the squatter mounted on his thoroughbred,
Down came the troopers - one, two, three,
Whose that jolly jumbuck you've got in your tuckerbag?
You'll come a waltzing Matilda with me.

Chorus:
Up jumped the swagman, and sprang into the billabong,
You'll never catch me alive said he,
And his ghost may be heard as you pass by that billabong
You'll come a waltzing Matilda with me.



「お山の杉の子」の終戦前の元の歌詞(1、2番は同じ)



3.
「こんなチビ助 何になる」
びっくり仰天(ぎょうてん) 杉の子は
思わずお首を ひっこめた ひっこめた
ひっこめながらも 考えた
「何の負けるか いまにみろ」
大きくなって 国のため
お役に立って みせまする みせまする

4.
ラジオ体操 一二三
子供は元気に 伸びてゆく
昔々の 禿山は 禿山は
今では立派な 杉山だ
誉れの家の子のように
強く 大きく 逞(たくま)しく
椎の木見下ろす 大杉だ 大杉だ

5.
大きな杉は 何になる
兵隊さんを 運ぶ船
傷痍(しょうい)の勇士の 寝るお家(うち) 寝るお家
本箱 お机 下駄 足駄(あしだ)
おいしいお弁当 食べる箸(はし)
鉛筆 筆入(ふでいれ) そのほかに
うれしや まだまだ 役に立つ 役に立つ

6.
さあさ 負けるな 杉の木に
勇士の遺児なら なお強い
体を鍛え 頑張(がんば)って 頑張って
今に立派な 兵隊さん
忠義孝行 ひとすじに
お日さま出る国 神の国
この日本を 護りましょう 護りましょう




奈良の大仏さん(十羽バージョン)



二階堂邦子補詞

1.
奈良の奈良の 大仏さんに
雀が十羽 とまって
何といって 鳴いてます
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

2.
一番目の小雀は
頭にとまって
高い高い お山だよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

3.
二番目の小雀は
お鼻にとまって
暗い暗い トンネルだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

4.
三番目の小雀は
お耳にとまって
ユラリユラリ ゆりかごだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

5.
四番目の小雀は
お指にとまって
長い長い エントツだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

6.
五番目の小雀は
肩にとまって
右左 シーソーだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

7.
六番目の小雀は
背中にとまって
ツルリツルリ すべり台だよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

8.
七番目の小雀は
おへそにとまって
広い広いお池だよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

9.
八番目の小雀は
ももにとまって
フカフカ ざぶとんだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ヘイ

10.
九番目の小雀は
おひざにとまって
かたいかたい たいこだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ブー

11.
十番目の小雀は
おしりにとまって
くさいくさいおならだよ
チュン チュン チュン チュン
チュン ブー



Long, Long Ago

「思い出」「久しき昔」の原詞


Words and Music By: T. H. Bayly

Tell me the tales that to me were so dear,
Long, long ago, long, long ago;
Sing me the songs I delighted to hear,
Long, long ago, long ago.
Now you are come, all my grief is removed,
Let me forget that so long you have roved,
Let me believe that you love as you loved,
Long, long ago, long ago.

Do you remember the path where we met,
Long, long ago, long, long ago?
That's when you told me you would not forget,
Long, long ago, long ago.
Then, to all others my smile you preferred,
Love, when you spoke, gave a charm to each word,
Still my heart treasures the praises I heard,
Long, long ago, long ago.

Though by your kindness my fond hopes were raised,
Long, long ago, long, long ago;
You by more eloquent lips have been praised,
Long, long ago, long ago.
But by long absence your truth has been tried,
Still to your accents I listen with pride,
Blessed as I was when I sat by your side,
Long, long ago, long ago.




Home, Sweet Home

「埴生の宿」の原詞


'Mid pleasures and palaces
Though we may roam,
Be it ever so humble,
There's no place like home.
A charm from the skies
Seems to hallow us there,
Which seek thro' the world,
Is ne'er met with elsewhere.
Home, home, sweet sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home.

I gaze on the moon
As I tread the drear wild,
And feel that my mother
Now thinks of her child;
As she looks on that moon
From our own cottage door,
Thro' the woodbine whose fragrance
Shall cheer me no more.
Home, home, sweet sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home.

An exile from home,
Splendor dazzles in vain,
Oh, give me my lowly
Thatched cottage again;
The birds singing gaily,
That came at my call:
Give me them and that
Peace of mind, dearer than all.
Home, home, sweet sweet home,
There's no place like home,
There's no place like home.



The Old Familiar Faces

「古い顔」の原詩


The Old Familiar Faces
Charles Lamb


I HAVE had playmates, I have had companions,
In my days of childhood, in my joyful school-days?
All, all are gone, the old familiar faces.

I have been laughing, I have been carousing,
Drinking late, sitting late, with my bosom cronies?
All, all are gone, the old familiar faces.

I loved a Love once, fairest among women:
Closed are her doors on me, I must not see her?
All, all are gone, the old familiar faces.

I have a friend, a kinder friend has no man:
Like an ingrate, I left my friend abruptly;
Left him, to muse on the old familiar faces.

Ghost-like I paced round the haunts of my childhood,
Earth seem'd a desert I was bound to traverse,
Seeking to find the old familiar faces.

Friend of my bosom, thou more than a brother,
Why wert not thou born in my father's dwelling?
So might we talk of the old familiar faces?

How some they have died, and some they have left me,
And some are taken from me; all are departed?
All, all are gone, the old familiar faces.




SUKIYAKI



上を向いて歩こう」の英語バージョン

It's all because of you
I'm feeling sad and blue
You went away, now my life is just a rainy day
And I love you so, how much you'll never know
You've gone away and left me lonely


Untouchable memories seem to keep hauting me
Another love so true, that once turned all my gray skies blue
But you disappeared, now my eyes are filled with tears
And I'm wishing you were here with me


Soaked with love all my thoughts of you
Now that you're gone I just don't know what to do


If only you were here
You'd wash away my tears
The sun would shine, once again you'll be mine all mine
But in reality, you and I will never be
Beacuse you took your love away from me


(chorus)
Girl, I don't know what I did to make you leave me
But what I do know,is that since you've been gone
There's such an emptiness inside
I'm wishing you to come back to me


If only you were here
You'd wash away my tears the sun would shine
Once again you'll be mine all mine
But in reality, you and I will never be
Beacuse you took your love away from me
Oh baby you took your love away from me



Old Black Joe
Words and Music by Stephen Collins Foster



Gone are the days when my heart was young and gay,
Gone are my friends from the cotton fields away,
Gone from the earth to a better land I know,
I hear their gentle voices calling "Old Black Joe".
Chorus:
I'm coming, I'm coming, for my head is bending low:
I hear those gentle voices calling, "Old Black Joe".

Why do I weep when my heart should feel no pain
Why do I sigh that my friends come not again,
Grieving for forms now departed long ago.
I hear their gentle voices calling "Old Black Joe".
Chorus:

Where are the hearts once so happy and so free?
The children so dear that I held upon my knee,
Gone to the shore where my soul has longed to go.
I hear their gentle voices calling "Old Black Joe".
Chorus:



「夢の外(ほか)

大和田建樹作詞
(「真白き富士の根」が借用した曲の元の歌詞)


むかしの我宿(わがやど) かわらぬ故郷(ふるさと)
夢の外(ほか)に きょうぞあえる
日ぐらし秋よぶ 榎(えのき)の木蔭に
おやのえがお 見んがためよ

(こ)の間にみそめし 昨日(きのう)の故郷
今はさめぬ 夢のすみか
富貴もおもわじ 名誉もねがわじ
神のめぐみ ながくとおく

雲路(くもじ)にながめし 昨日の我宿
月も風も なれてそでを
うれしさあまりて ねられぬ枕に
ひびくみずの 声もむかし

(平凡社新書・上田信道著「謎とき名作童謡の誕生」より。←いい本です。おすすめ)



「早春賦」の歌詞パズル(^^) けろりんさん考案



歌詞は一番のみ。たて書。太線で切り取って、並べ替えて遊んでちょんまげ。



「冬の星座」の歌詞パズル(^^) けろりんさん考案



歌詞は一番のみ。たて書。太線で切り取って、並べ替えて遊んでちょんまげ。