「夢一夜(ひとよ)」

阿木耀子作詞・南こうせつ作曲

戻 る



素肌(すはだ)に片袖(かたそで) 通しただけで
色とりどりに 脱ぎ散らかした
(ゆか)にひろがる 絹の海
着てゆく服が まだ決らない
いらだたしさに 唇(くちびる)かんで
私ほんのり 涙ぐむ
貴方(あなた)に逢(あ)う日の ときめきは
あこがれよりも 苦しみめいて
あ・・ 夢一夜(ひとよ)
一夜限りに咲く花のよう
(にお)い立つ

恋するなんて 無駄(むだ)なことだと
(たと)えば人に 言ってはみても
貴方の誘(さそ)い 拒(こば)めない
最後の仕上げに 手鏡見れば
明かりの下で 笑ったはずが
影を集める 泣きぼくろ
貴方に逢う日の ときめきは
喜びよりも せつなさばかり
あ・・ 夢一夜
一夜限りと言い聞かせては
(べに)をひく

貴方を愛した はかなさで
私はひとつ 大人になった
あ・・ 夢一夜
一夜限りで醒(さ)めてく夢に
身をまかす


戻 る