「山紫に水清き」

第二高等学校明善寮寮歌

泉仙助作詞・有志音楽会作曲

戻 る



山紫(やまむらさき)に水清き
(さと)は名に負う五城楼(ごじょうろう)
向上の主義自治の制
高き理想を胸にして
健児一つに睦み合う
明善の寮我がすみ家

流れてやまぬ広瀬川
朝な夕なの我が教(おしえ)
ほととぎす鳴く青葉山
緑はかえぬ我が操
宮城の萩の露に照る
月を鏡の我が心

向う愛宕(あたご)の丘の上
遠くながむる海原の
広き深きに学ばずや
玲瓏(れいろう)高き大空の
果なきはてに行く雲を
望みの翼(はね)と観ぜずや

孤灯(ことう)の下(もと)のはげみには
すぐれし世々の跡慕い
いろりの縁(ふち)の団欒(まどい)には
嬉しき友のなさけ汲む
愛と望みと光との
宿(やど)明善の寮さきく

戦い勝てりうま酒を
汲みて称えん君がみ名
光すずしく月照れば
喜びに満つ五城楼


戻 る