「八木節(やぎぶし)

群馬県民謡

戻 る



アーアアーアー
さても一座の 皆様方よ
わしのようなる 三角野郎(さんかくやろ)
四角四面の櫓(やぐら)の上で
音頭(おんど)とるとは 憚(はばか)りながら
しばし御免(ごめん)を 蒙(こうむ)りまして
何か一言(ひとこと) 読み上げまする
文句違いや 仮名間違いは
(ひら)にその儀(ぎ)は お許しなされ
許しなされば 文句にかかるが
オーイサネー

(Midiデータは、博多の吉松さんにアレンジしていただきました)


戻 る