「牛若丸(うしわかまる)」

作詞作曲者不詳/文部省唱歌(一年)

戻 る



(きょう)の五条(ごじょう)の橋(はし)の上、
(だい)のおとこの弁慶(べんけい)
長い薙刀(なぎなた)ふりあげて、
牛若めがけて切りかかる。

牛若丸は飛び退(の)いて、
持った扇(おうぎ)を投げつけて、
来い来い来いと欄干(らんかん)
上へあがって手を叩(たた)く。

前やうしろや右左(みぎひだり)
ここと思えば又(また)あちら、
(つばめ)のような早業(はやわざ)に、
(おに)の弁慶あやまった。


戻 る