「鉄道唱歌(第5集)」

(関西・参宮・南海各線)

大和田建樹作詞・多梅稚作曲

戻 る



一  汽車をたよりに思い立つ
伊勢や大和(やまと)の国めぐり
網島(あみじま)いでゝ関西の
線路を旅の始(はじめ)にて
《関西線》

(網島)

造幣局の朝ざくら
桜の宮の夕すゞみ
なごりを跡に見かえれば
城の天主も霞みゆく
咲くや菜種の放出(はなてん)
過ぎて徳庵(とくあん)住の道(すみのどう)
窓より近き生駒山
手に取る如く聳えたり
(放出)
(徳庵)(住道)


四條畷(しじょうなわて)に仰ぎ見る
小楠公(しょうなんこう)の宮どころ
ながれも清き菊水の
旗風いまも香らせて
(四條畷)



心の花も桜井の
父の遺訓を身にしめて
引きは返さぬ武士(もののふ)
戦死のあとは此土地よ
飯盛山(いいもりやま)をあとにして
星田すぐれば津田の里
倉治(くらじ)の桃の色ふかく
源氏の滝の音たかし

(星田)
(津田)

(ははそ)の森と歌によむ
祝園(ほうぞの)すぎて新木津の
左は京都右は奈良
奈良は帰りに残さまし
(長尾)(田辺)
(祝園)(新木津)
《奈良鉄道線》
(奈良)(京都)
京都の道に名を得たる
駅は玉水(たまみず)宇治木幡(こはた)
佐々木四郎の先陣に
知られし川もわたるなり
(玉水)
(宇治)(木幡)


共仁(くに)の都の跡と聞く
加茂を出ずれば左には
木津川しろく流れたり
(さら)せる布の如くにて
《関西線》
(加茂)



川のあなたにながめゆく
笠置の山は元弘(げんこう)
宮居の跡と聞くからに
ふるは涙か村雨か

(笠置)



水をはなれて六丈の
高さをわたる鉄の橋
すぐればここぞ大河原
河原の岩のけしきよさ


(大河原)
(島原)

上野は伊賀の都会の地
春はこゝより汽車おりて
影もおぼろに月が瀬に
梅みる人の数おおし
(上野)




月は姥捨(おばすて)須磨明石
花はみよしの嵐山
天下一つの梅林と
きこえし名所は此山ぞ

伊賀焼いずる佐那具(さなぐ)の地
芭蕉うまれし柘植(つげ)の駅
線路左にわかるれば
迷わぬ道は草津まで
(佐那具)
(柘植)

(草津)

鈴鹿の山のトンネルを
くぐれば早も伊勢の国
筆捨山(ふですてやま)の風景を
見よや関より汽車おりて
(加太)


(関)

愛知逢坂鈴鹿とて
三つの関所と呼ばれたる
むかしの跡は知らねども
関の地蔵の寺ふるし

巌にあそぶ亀山の
左は尾張名古屋線
道にすぎゆく四日市
舟の煙や絶えざらん
(亀山)
(名古屋)
(四日市)


万古(ばんこ)の焼と蛤(はまぐり)
其名知られし桑名町
日も長島の西東
揖斐(いび)と木曽との川長し

亀山城をあとにして
一身田(いっしんでん)も夢のまに
走ればきたる津の町は
参宮鉄道起点の地
《関西支線》
(下庄)(一身田)
《参宮線》
(津)

町の社に祭らるゝ
神は結城(ゆうき)の宗広と
きこえし南朝忠義の士
まもるか今も君が代を

阿漕(あこぎ)が浦に引く網の
名も高茶屋(たかぢゃや)の雲出川(くもづがわ)
わたりながらも眺めやる
桃のさかりやいかならん
(阿漕
(高茶屋)



木綿産地の松坂は
本居(もとおり)翁の墳墓の地
国学界の泰斗(たいと)とて
あおがぬ人はよもあらじ
(六軒)
(松坂)



田丸の駅に程ちかき
斎宮村(さいぐうむら)は斎王(さいおう)
むかし下りて此国に
住ませ給いし御所の跡
(徳和)(相可)(田丸)




轟きわたる宮川の
土手の桜の花ざかり
雲か霞か白雪か
におわぬ色の波もなし
(宮川)




伊勢の外宮のおわします
山田に汽車は着きにけり
参詣いそげ吾友よ
五十鈴の川に御祓(みそぎ)して
(筋向橋)
(山田)



五十鈴の川の宇治橋を
わたればこゝぞ天照す
皇大神(すめおおかみ)の宮どころ
千木(ちぎ)たかしりて立ち給う

神路(かみじ)の山の木々あおく
御裳濯川(みもすそがわ)の水きよし
御威(みいつ)は尽きじ千代かけて
いずる朝日ともろともに

伊勢と志摩とにまたがりて
雲井に立てる朝熊山(あさまやま)
のぼれば冨士の高嶺まで
語り答うるばかりにて

下りは道を踏みかえて
見るや二見の二つ岩
画に見しまゝの姿にて
立つもなつかし海原に

今ぞめでたく参宮を
すまして跡に立ちかえる
汽車は加茂より乗りかえて
奈良の都をめぐりみん

《関西支線》
(加茂)
(大仏)(奈良)
「奈良めぐり(1〜8)」目賀田万世吉作曲──略

はや遠ざかる奈良の町
帯解寺(おびときでら)も打ちすぎて
渡る流れは布留(ふる)の川
石の上(いそのかみ)とはここなれや
《奈良鉄道線》
(帯解)



都のあとを教えよと
いえど答えぬ賎(しず)の男(お)
帰るそなたの丹波市(たんばいち)
布留(ふる)の社に道ちかし

(櫟ノ本)
(丹波市)
(柳本)

三輪の杉むら過ぎがてに
なくか昔のほととぎす
今は青葉の桜井に
着きたる汽車の速やかさ
(三輪)




ここよりおりて程ちかき
長谷(はせ)の観音ふし拝み
雄略帝(ゆうりゃくてい)が朝倉の
宮の遺跡もたずねみん

初瀬列樹(はつせなみき)の宮のあと
問わんとすれば日は落ちて
初瀬の川の夕波に
ふくや初瀬の山おろし

さぐる名所の楽しさに
思わずのぼる多武の峰(とうのみね)
峰にかがやく鎌足(かまたり)
社のあたり花おおし

桜井いでてわが汽車は
畝傍(うねび)耳無(みみなし)香山(かぐやま)
(かなえ)に似たる三山(みつやま)
前後に見つゝ今ぞゆく
(桜井)




畝傍(うねび)の麓橿原(かしはら)
始めて都したまいし
御威(みいつ)も高き大君が
御陵(みささぎ)おがめ人々よ
《関西鉄道賎》
(畝傍)



高田わかれて右ゆけば
河内(かわち)に走る線路あり
路にすぎゆく柏原の
名高き寺は道明寺(どうみょうじ)
(高田)
(王寺)
(柏原)


右の窓よりながめやる
葛城山(かつらぎやま)の南には
楠氏(なんし)の城に名を挙げし
金剛山(こんごうざん)もつづきたり

新庄(しんじょう)御所(ごせ)を打ちすぎて
腋上(わきがみ)ゆけば神武帝(じんむてい)
国を蜻蛉(あきつ)と宣(のたま)いし
ほゝ(口偏に兼)(ま)の丘ぞ仰がるゝ
(新庄)(御所)
(腋上)(葛)
(北宇智)


終れば起る鉄道の
南和(なんわ)と紀和(きわ)の繋口(つなぎぐち)
五条すぐれば隅田より
紀伊の境に入りけり


(五条)
《紀和線》(隅田)

瞬くひまに橋本と
叫ぶ駅夫に道問えば
紀の川わたり九度山(くどやま)
すぎて三里ぞ高野(こうや)まで
(橋本)
此ところ汽車未だ連絡せず



弘法大師この山を
ひらきしよりは千余年
(ひぐらし)ひびく骨堂(こつどう)
あたりは夏も風さむし

木隠(こかげ)おぐらき不動坂
夕露しげき女人堂(にょにんどう)
みれば心もおのずから
塵の浮世を離れけり

ふたゝび渡る紀の川の
水上(みなかみ)とおく雲ならで
立てるは花の吉野山
見て来んものを春ならば

あわれ暫(しばし)は南朝の
仮の皇居となりたりし
吉水院(よしみずいん)の月のかげ
曇るか今も夜な夜なは

夕べ悲しき梟(ふくろう)
声なりなおも身にしむは
如意輪堂(にょいりんどう)の宝蔵(ほうぞう)
のこる鏃(やじり)の文字の跡

親のめぐみの粉河(こかわ)より
また乗る汽車は紀和の線
船戸田井の瀬うちすぎて
和歌山見えし嬉しさよ
《紀和線》
(粉河)(打田)
(船戸)(布施屋)(田井ノ瀬)
(和歌山)

紀の川口の和歌山は
南海一の都会にて
宮は日前国懸(ひのくまくにがかす)
旅の心の名草山(なぐさやま)

紀三井寺より見わたせば
和歌の浦波しずかにて
こぎゆく海士(あま)の釣船は
うかぶ木の葉か笹の葉か

芦辺のあしの夕風に
散り来る露の玉津島
苫が島(とまがしま)には灯台の
光ぞ夜は美しき

蜜柑のいづる有田村
鐘の名ひゞく道成寺(どうじょうじ)
紀州名所は多けれど
道の遠きをいかにせん



(向日町)

みかえる跡に立ちのこる
城の天守の白壁(しらかべ)
茂れる松の木の間より
いつまで吾を送るらん

北口いでて走りゆく
南海線の道すがら
窓に親しむ朝風の
深日(ふけひ)はここよ夢のまに
《南海線》
和歌山北口

(深日)(箱作)

尾崎に立てる本願寺
樽井(たるい)にちかき躑躅山(つつじやま)
やまずに来て見ん春ふけて
花うつくしく咲く頃は
(尾崎)
(樽井)



佐野の松原貫之(つらゆき)
歌に知られし蟻通(ありどおし)
蟻のおもいにあらねども
とゞく願いは汽車の恩
(佐野)




貝塚いでしかいありて
はや岸和田の城の跡
こゝは大津かいざさらば
おりて信太(しのだ)の楠(くす)も見ん
(貝塚)
(岸和田)
(大津)


かけじや袖(そで)とよみおきし
その名高師(たかし)が浜の波
よする浜寺あとに見て
ゆけば湊(みなと)は早前(はやまえ)


(浜寺)
(湊)

堺の浜の風景に
旅の心もうばわれて
汽車のいづるも忘れたり
霞むはそれか淡路島

段通(だんつう)刃物の名産に
心のこして又も来ん
沖に鯛つる花の春
磯に舟こぐ月の秋

蘇鉄(そてつ)に名ある古寺の
話きゝつゝ大和川(やまとがわ)
渡ればあれに住吉の
松も灯籠(とうろ)も近づきぬ

(大和川)
(住吉)


遠里(とおざと)小野の夕あらし
ふくや安倍野(あべの)の松かげに
顕家父子(あきいえ ふし)の社あり
忠死のあとは何方(いずかた)

治まる御代(みよ)の天下茶屋
さわがぬ波の難波(なんば)
いさみて出づる旅人の
心はあとに残れども
(天下茶屋)
(難波)



おもえば夢か時のまに
五十三次はしりきて
神戸のやどに身をおくも
人に翼の汽車の恩

明けなば更に乗りかえて
山陽道を進ままし
天気はあすも望(のぞみ)あり
柳にかすむ月の影

歌詞データの後半部分は、鉄道唱歌データベースからいただきました。m(..)m


戻 る