「てぃんさぐぬ花」

沖縄県民謡

戻 る



1.
てぃんさぐぬ花や
爪先(ちみさち)に染(す)みてぃ
(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)
(ちむ)にすみり

2.
夜走(ゆるは)らす船(ふに)
にぬふぁ星(ぶし)目当(みあ)てぃ
(わ)ん生(な)ちぇる親(うや)
(わ)んどぅ目当(みあ)てぃ

3.
(てぃん)ぬぶり星(ぶし)
ゆみばゆまりゆい
(うや)ぬゆし言(ぐとぅ)
ゆみんならん

4.
(い)ち足らん事(くとう)
一人たれいだれい
(たげ)に補(うじ)なてぃる
(とうし)や老(ゆ)ゆる

5.
(たる)が上(いい)になてぃん
し情(なさき)どぅ頼(たぬ)
なさきねん浮世(うきゆ)
渡い苦(ぐり)

《一番の歌詞の内容》
てぃんさぐぬ花(鳳仙花)は、魔よけとして爪先に染めて、親の教えは心に染めなさい。
《二番の歌詞の内容》
夜走る船は北極星を見ている。親はいつでも私を見ている。


戻 る