「たんぽぽ」

門倉さとし作詞・堀越浄作曲

戻 る




雪の下の 故郷(ふるさと)の夜
冷たい風と 土の中で
青い空を 夢に見ながら
野原に咲いた 花だから
どんな花より たんぽぽの
花をあなたに おくりましょう
どんな花より たんぽぽの
花をあなたに おくりましょう


高い工場(こうば)の 壁(かべ)の下で
どれだけ春を 待つのでしょう
数えた指を 優(やさ)しく開き
空き地に咲いた 花だから
どんな花より たんぽぽの
花をあなたに おくりましょう
どんな花より たんぽぽの
花をあなたに おくりましょう


ガラスの部屋の ばらの花より
(あらし)の空を 見つめつづける
あなたの胸(むね)の 想(おも)いのように
心に咲いた 花だから
どんな花より たんぽぽの
花をあなたに おくりましょう
どんな花より たんぽぽの
花をあなたに おくりましょう


戻 る

カットは「はいみぃのインテリア館」より