「竹田の子守り唄」

京都府民謡

戻 る



(も)りもいやがる 盆からさきにゃ
雪もちらつくし 子も泣くし

盆が来たとて 何うれしかろ
かたびらはなし 帯(おび)はなし

この子よう泣く 守りをばいじる
守りも一日 やせるやら

はよも行きたや この在所(ざいしょ)こえて
向うに見えるは 親の家(うち)


戻 る