「旅の終りに」

立原岬(五木寛之)作詞・菊地俊輔作曲

戻 る



流れ流れて さすらう旅は
今日は函館 明日は釧路
希望も恋も 忘れた俺の
肩に冷たい 夜の雨

春に背(そむ)いて 世間に拗(す)ねて
一人行くのも 男の心
誰に判って 欲しくは無いが
何故か寂しい 秋もある

旅の終わりに 見つけた夢は
北の港の 小さな酒場
暗い灯影(ほかげ)に 肩寄せ合って
歌う故郷の 子守唄


戻 る