「酸模(すかんぽ)の咲く頃」

北原白秋作詞・山田耕筰作曲

戻 る



土手のすかんぽジャワ更紗(さらさ)
昼は蛍(ほたる)が、ねんねする
僕ら小学、一年生
今朝も通って、またもどる
すかんぽ、すかんぽ、川のふち
夏が来た来た、ドレミファソ

すかんぽ(すいば)

「一年生」の部分は、原詩では「尋常科(じんじょうか)」となっています。


戻 る