「天(そら)は東北山高く」

(二高校歌)

土井晩翠作詞・楠美恩三郎・作曲

戻 る



天は東北山高く
水清き郷(さと)七州(しちしゅう)
光り教(おしえ)の因(よ)るところ
庭のあしたの玲瓏(れいろう)
露に塵なし踏みわくる
われ人生の朝ぼらけ

花より花に蜜を吸う
蜂のいそしみわが励み
不断の渇きとめがたき
知識の泉掬(く)みとらん
湧きたつ血潮青春の
力山をも抜くべきを

思千里の青雲(あおくも)
高き理想を身の生命(いのち)
「時」の大海(おおうみ)岸の砂
絶えぬ進歩(すすみ)の跡のこせ
夕日の西に沈むとき
今日は空(あだ)との憾(うらみ)なく

孤灯のもとに襟(えり)ただす
夜半(やはん)の窓の影ひとつ
天地寂たるただ中に
(なき)ても慕うよよのあと
(なら)わざらめや千歳(せんざい)
光りほまれの不朽の名

彼と等しく享(う)けし種
咲きて我世の花たらば
薔薇(しょうび)とにおえる蘭麝(らんじゃ)の香
土またさらば香(かんば)しゅう
第二高等学校の
名に伴わん常久(とわ)の栄(はえ)


戻 る