「ソーラン節」

北海道民謡

戻 る



ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)
沖の鴎(かもめ)に 潮どき問えば
わたしゃ立つ鳥 波に聞け
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)

ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)
今宵ひと夜は どんすの枕
あすは出船の 波枕
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)

ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)
男度胸なら 五尺の身体(からだ)
どんと乗り出せ 波の上
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)

ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)
沖の鴎が 物言うならば
便りきいたり 聞かせたり
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)

ヤーレン ソーランソーラン
ソーランソーランソーラン(ハイハイ)
沖の鴎の 啼く声きけば
船乗り稼業は やめられぬ
チョイ ヤサエエンヤンサノ
ドッコイショ
(ハ ドッコイショドッコイショ)


戻 る