「曾我兄弟」

作詞作曲者不詳/文部省唱歌

戻 る



富士の裾野の 夜はふけて
(うたげ)のどよみ 静まりぬ
屋形(やかた)屋形の 灯(ひ)は消えて
あやめも分かぬ 五月(さつき)やみ

「来れ時致(ときむね) 今宵こそ
十八年の 恨みをば」
「いでや兄上 今宵こそ
ただ一撃(ひとうち)に 敵(かたき)をば」

共に松明(たいまつ) 振りかざし
目ざす屋形に 討ち入れば
かたき工藤(くどう)は 酔い臥(ふ)して
前後も知らぬ 高鼾(たかいびき)

「起きよ 祐経(すけつね) 父の仇(あだ)
十郎五郎 見参(げんざん)」と
枕を蹴って おどろかし
起きんとするを はたと斬る

仇は報いぬ 今はとて
「出合え出合え」と 呼ばわれば
折しも小雨 降りいでて
空にも名のる ほととぎす


戻 る