「終着駅」

千家和也作詞・浜圭介作曲

戻 る



落葉の舞い散る 停車場(ていしゃば)
かなしい女の 吹きだまり
だから きょうも一人 あすも一人
涙を捨てに来る

真冬に裸足(はだし)は 冷たかろ
大きな荷物は 重たかろ
なのに きょうも一人 あすも一人
過去から逃げてくる
一度離したら 二度とつかめない
愛という名の 暖かい 心の鍵は
最終列車が 着くたびに
よく似た女が 降りてくる
そして きょうも一人 あすも一人
過去から逃げてくる

肩だく夜風の なぐさめは
忘れる努力の 邪魔になる
だから きょうも一人 あすも一人
過去から逃げてくる
一度離したら 二度とつかめない
愛という名の 暖かい 心の鍵は
最終列車が 着くたびに
よく似た女が 降りてくる
そして きょうも一人 あすも一人
過去から逃げてくる
そして きょうも一人 あすも一人
過去から逃げてくる


戻 る