「四季の雨」

作詞作曲者不詳/文部省唱歌(六年)

戻 る



降るとも見えじ春の雨、
水に輪をかく波なくば、
けぶるとばかり思わせて。
降るとも見えじ春の雨。

(にわ)かに過(す)ぐる夏の雨、
物干し竿(ざお)に白露(しらつゆ)を、
名残(なご)りとしばし走らせて。
俄かに過ぐる夏の雨。

おりおりそそぐ秋の雨、
木の葉(このは)木の実(このみ)を野に山に、
色様々(さまざま)に染めなして。
おりおりそそぐ秋の雨。

聞くだに寒き冬の雨、
窓の小笹(おざさ)にさやさやと、
更行(ふけゆ)く夜半(よわ)をおとずれて。
聞くだに寒き冬の雨。


戻 る