「シーハイルの歌」

林柾次郎作詞・鳥取春陽作曲

戻 る



岩木(いわき)のおろしが 吹くなら吹けよ
山から山へと われらは走る
きのうは梵珠嶺(ぼんじゅね) 今日また阿じゃ羅(あじゃら)
けむり立てつつ おおシーハイル

ステップ・ターンすりゃ たわむれかかる
杉のこずえよ みれんの雪よ
心は残れど エールにとどめ
屈伸滑降で おおシーハイル

夕日は赤々 シュプール染めて
たどる雪道 果てさえ知れず
町にはチラホラ 灯(ともし)がついた
ラッセル急げよ おおシーハイル

「阿じゃ羅」の「じゃ」は門構えに「者」。


戻 る