「聖夜(せいや)

「きよしこのよる」

由木康作詞・F.X.グルーバー作曲

戻 る



きよしこの夜 星はひかり
すくいの御子(みこ)は 御母(みはは)の胸に
ねむりたもう 夢やすく

きよしこの夜 御告(みつげ)受けし
羊飼いらは 御子の御前(みまえ)
ぬかずきぬ かしこみて

きよしこの夜 御子の笑(え)みに
めぐみの御代(みよ)の 朝(あした)の光
(かがや)けり ほがらかに

初版では、一番の「御母の胸に」は「馬舟の中に」、「夢やすく」は「いとやすく」、
二番の「羊飼いらは」は「牧人(まきびと)たちは」だったそうです。

上記のうち「御母の胸に」の歌詞部分について、Yoshiedaさんからメールを頂きました。
ありがとうございました。m(..)m (2004/05/11)
「初版では」といっていますが、古い版は「御母の胸に」で、50年
ほど前の讃美歌の改訂で変えられて「まぶねの中に」となりました。
クリスマスの歌で一番よく知られているものでしょうね。
でも、プロテスタントの日本基督教団で出している讃美歌なので、カ
トリックのマリヤ崇拝と思われても困るから、というので改められた
んじゃないでしょうか。


戻 る