「里ごころ」

北原白秋作詞・中山晋平作曲

戻 る



(ふえ)や 太鼓(たいこ)に さそわれて
山の祭に 来て見たが
日暮(ひぐれ)は いやいや 里恋し
風吹きゃ 木の葉の 音ばかり

母さま恋しと 泣いたれば
どうでもねんねよ お泊りよ
しくしくお背戸(せど)に 出て見れば
空には寒い 茜雲(あかねぐも)

(かり) 雁 棹(さお)になれ
さきになれ
お迎(むか)いたのむと 言うておくれ


戻 る