「三才女」

芳賀矢一(はがやいち)作詞・岡野貞一作曲/文部省唱歌

戻 る



色香(いろか)も深き 紅梅の
枝に結びて 勅(ちょく)なれば
いともかしこし うぐいすの
問わば如何(いか)にと 雲居(くもい)まで
聞こえ上げたる 言(こと)の葉は
幾代(いくよ)の春か かおるらん

みすのうちより 宮人(みやびと)
(そで)引き止めて 大江山
いく野の道の 遠ければ
ふみ見ずと言いし 言の葉は
天の橋立(あまのはしだて) 末かけて
(のち)の世永く くちざらん

(きさい)の宮の 仰言(おおせごと)
御声(みこえ)のもとに 古(いにしえ)
奈良の都(みやこ)の 八重桜(やえざくら)
今日(きょう)九重(ここのえ)に においぬと
(つこ)うまつりし 言の葉の
花は千歳(ちとせ)も 散らざらん

(三才女とは、一体誰と誰と誰?)


戻 る