「大江山」

石原和三郎作詞・田村虎蔵作曲

戻 る



むかし丹波の 大江山
鬼どもおおく 籠(こも)りいて
都に出ては 人を食い
かねや宝を 盗みゆく

源氏の大将 頼光(らいこう)
ときの帝(みかど)の みことのり
お受け申して 鬼退治
勢いよくも 出掛けたり

家来は名高き 四天王(してんのう)
山伏(やまぶし)すがたに 身をやつし
(けわ)しき山や 深き谷
道なき道を 切り開き

大江の山に 来てみれば
酒顛童子(しゅてんどうじ)が 頭(かしら)にて
青鬼赤鬼 集って
舞えよ歌えの 大さわぎ

かねて用意の 毒の酒
(すす)めて鬼を よいつぶし
(おい)のなかより 取り出(い)だす
(よろい)かぶとに 身をかため

驚きまどう 鬼どもを
ひとり残さず 斬りころし
酒顛童子の 首をとり
めでたく都に 帰りけり


戻 る