「お祭」

北原白秋作詞・弘田龍太郎作曲

戻 る



わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
(まつり)だ、祭だ。
背中(せなか)に花笠(はながさ)
(むね)には腹掛(はらがけ)
向う鉢巻(はちまき)、そろいの半被(はっぴ)で、
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
神輿(みこし)だ、神輿だ。
神輿のお練(ね)りだ。
山椒(さんしょ)は粒(つぶ)でも、ピリッと辛(から)いぞ。
これでも勇(いさ)みの山王(さんのう)の氏子(うじこ)だ。
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
真赤(まっか)だ、真赤だ。夕焼(ゆうやけ)小焼(こやけ)だ。
しっかり担(かつ)いだ。
明日(あした)も天気だ。
そら揉(も)め、揉め、揉め、
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
(おい)らの神輿だ、死んでも離すな。
泣虫(なきむし)ゃすっ飛べ。差上(さしあ)げて廻した。
揉め、揉め、揉め、揉め。
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
廻すぞ、廻すぞ。
金魚屋(きんぎょや)も逃げろ。鬼灯屋(ほおずきや)も逃げろ。
ぶつかったって知らぬぞ
そら退(ど)け、退け、退け。
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
子供の祭だ。祭だ。祭だ。
提灯(ちょうちん)(つ)けろ。
御神燈(ごしんとう)(あ)げろ。
十五夜お月様まんまるだ
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
あの声何処(どこ)だ。
あの笛(ふえ)何だ。
あっちも祭だ。こっちも祭だ。
そら揉(も)め、揉め、揉め。
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。
祭だ、祭だ。
山王(さんのう)の祭だ。子供の祭だ。
お月様紅(あか)いぞ。御神燈(ごしんとう)も紅いぞ。
そら揉(も)め、揉め、揉め。
わっしょい、わっしょい。

わっしょい、わっしょい、
わっしょい、わっしょい。


戻 る