「能登半島」

阿久悠作詞・三木たかし作曲

戻 る



夜明け間近 北の海は波も荒く
心細い旅の女 泣かせるよう
ほつれ髪を指に巻いて ためいきつき
通り過ぎる景色ばかり 見つめていた
十九なかばの恋知らず
十九なかばで恋を知り
あなた あなたたずねて行く旅は
夏から秋への 能登半島

ここにいると 旅の葉書もらった時
胸の奥で何か急に はじけたよう
一夜だけの旅の仕度 すぐに作り
熱い胸に飛び込みたい 私だった
十九なかばの恋知らず
十九なかばで恋を知り
すべて すべて投げ出し駆けつける
夏から秋への 能登半島

あなた あなたたずねて行く旅は
夏から秋への 能登半島


戻 る