「二宮金次郎」

作詞作曲者不詳/文部省唱歌

戻 る



柴刈り縄ない草鞋(わらじ)をつくり
親の手を助(す)け弟(おとと)を世話し
兄弟仲よく孝行つくす
手本は二宮金次郎

骨身を惜まず仕事をはげみ
夜なべ済まして手習読書
せわしい中にも撓(たゆ)まず学ぶ
手本は二宮金次郎

家業大事に費(ついえ)をはぶき
少しの物をも粗末にせずに
遂には身を立て人をもすくう
手本は二宮金次郎


戻 る