「22才の別れ」

伊勢正三作詞・作曲

戻 る



あなたにさよならって 言えるのは
今日だけ
明日(あした)になって またあなたの暖(あたたか)い手に
触れたらきっと 言えなくなってしまう
そんな気がして
私には 鏡に映った
あなたの姿を 見つけられずに
私の 目の前にあった
幸せに すがりついてしまった

私の誕生日に二十二本の ローソクをたて
ひとつひとつが
みんな君の 人生だねって言って
十七本目からは 一緒に火をつけたのが
昨日(きのう)のことのように
今はただ 五年の月日が
永すぎた春と いえるだけです
あなたの 知らないところへ
嫁いでゆく 私にとって

ひとつだけ こんな私の
わがまま 聞いてくれるなら
あなたは あなたのままで
変らずにいて下さい そのままで


戻 る