「長崎ぶらぶら節」

長崎県民謡

戻 る



長崎名物 凧(はた)あげ盆まつり
秋はお諏訪(すわ)の シャギリで
氏子が ぶうらぶら
ぶらり ぶらりと
言うたもんだいちゅう

紙鳶揚(はたあ)げするなら 金毘羅(こんぴら)かざがしら
帰りは 一杯きげんで
ひょうたん ぶうらぶら
ぶらり ぶらりと
言うたもんだいちゅう

遊びに行くなら 花月(かげつ)か仲の茶屋
梅園(うめぞの)裏門 たたいて
丸山 ぶうらぶら
ぶらり ぶらりと
言うたもんだいちゅう

今年ゃ十三月 肥前さんの番替(ばんがわ)
城が島には 見物がたらに
おろしゃが ぶうらぶら
ぶらり ぶらりと
言うたもんだいちゅう

大井手町(おいでまち)の橋の上で 子供の凧喧嘩(はたげんか)
世話町(せわちょう)が 五六町ばかりも
二三日 ぶらぶら
ぶらり ぶらりと
言うたもんだいちゅう


戻 る