「村の鍛冶屋(かじや)

作詞作曲者不詳/文部省唱歌(四年)

戻 る



暫時(しばし)もやまずに 槌(つち)うつ響(ひびき)
飛び散る火の花、はしる湯玉(ゆだま)
(ふいご)の風さえ 息をも継(つ)がず、
仕事に精出す 村の鍛冶屋(かじや)

あるじは名高き いっこく老爺(おやじ)
早起(はやおき)・早寝(はやね)の、病(やまい)知らず。
鉄より堅(かた)しと ほこれる腕(うで)
(まさ)りて堅きは、彼がこころ。

(かたな)はうたねど、大鎌(おおがま)・小鎌(こがま)
馬鍬(まぐわ)に作鍬(さくぐわ)、鋤(すき)よ、鉈(なた)よ。
平和のうち物 休まずうちて、
日毎(ひごと)に戦(たたか)う、懶惰(らんだ)の敵(てき)と。

かせぐにおいつく 貧乏なくて、
名物鍛冶屋は 日日(ひび)に繁昌(はんじょう)
あたりに類(るい)なき 仕事のほまれ、
槌うつ響に まして高し。

《ごんべが戦後習ったのは、こんなの》
しばしも休まず 槌うつ響き。
飛び散る火花よ 走る湯玉。
ふいごの風さえ 息をもつがず、
仕事に精出す 村の鍛冶屋。

あるじは名高い 働き者よ、
早起き早寝の やまい知らず。
永年鍛えた 自慢の腕で、
打ち出す鋤鍬(すきくわ) 心こもる。


戻 る