「もしもピアノが弾けたなら」

阿久悠作詞・坂田晃一作曲

戻 る





もしもピアノが弾けたなら
思いのすべてを歌にして
きみに伝えることだろう
雨が降る日は雨のよに
風吹く夜には風のように
晴れた朝には晴れやかに
だけど ぼくにはピアノがない
きみに聴かせる腕もない
心はいつでも半開(はんびら)
伝える言葉が残される
アア アー アア…… 残される



もしもピアノが弾けたなら
小さな灯(あか)りを一つつけ
きみに聴かせることだろう
人を愛したよろこびや
心が通わぬ悲しみや
おさえきれない情熱や
だけど ぼくにはピアノがない
きみと夢みることもない
心はいつでも空(から)まわり
聴かせる夢さえ遠ざかる
アア アー アア…… 遠ざかる




戻 る