「木琴」

金井直作詞・岩河三郎作曲

戻 る



(混成三部合唱曲のデータを元にしていますので、パートにより歌詞とメロディが合わない部分があります)

妹よ(妹よ) 妹よ(妹よ)
今夜は雨が降っていて(降っていて)
(妹よ)妹よ (妹よ)妹よ
おまえの木琴が聞けない

おまえはいつも(いつも)
大事に大事に 木琴を抱えて
学校へ通っていたね
(暗い家の中でも おまえは)おまえは
(おまえは)おまえは
木琴と(木琴と)一緒に(一緒に)
歌っていたね


そしてよく そしてよく
こう言ったね
早く町に 赤や青や黄色の電灯が つくといいな
電灯が つくといいな
こう言ったね

あんなにいやがっていた戦争が(戦争 戦争 戦争が)
あんなにいやがっていた戦争が(戦争 戦争 戦争が)
戦争が(戦争が)
戦争が(戦争が)
戦争が(戦争が)
戦争が(戦争が)
おまえと木琴を 焼いてしまった

妹よ(妹よ) 妹よ(妹よ)
おまえが(おまえが) 地上で(地上で)
木琴を鳴らさなくなり
星の中で鳴らし始めてから まもなく
町は明るくなったのだよ
私のほかに 誰も知らないけれど

妹よ(妹よ) 妹よ(妹よ)
今夜は雨が降っていて(降っていて)
(妹よ)妹よ (妹よ)妹よ
おまえの木琴が聞けない


戻 る