「水虫の唄」

山田真一作詞・作曲/昭和43年

戻 る



どんなにどんなに 離れていても
ぼくは君を 忘れはしない

夏になると 思い出す
君と歩いた あのなぎさ

せつなくうずく 水虫は
君とぼくとの 愛のしるし

どんなにどんなに 離れていても
ぼくは君を 忘れはしない

君のうつした 水虫は
今でもぼくを 悩ませる

せつなくうずく 水虫は
君とぼくとの 愛のしるし

どんなにどんなに 離れていても
ぼくは君を 忘れはしない


戻 る