「水色のワルツ」

藤浦洸作詞・高木東六作曲

戻 る



君に逢ううれしさの 胸にふかく
水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)
いつのまにか 身にしみたのよ
涙のあとをそっと 隠したいのよ

月影の細路(ほそみち)を 歩きながら
水色のハンカチに 包んだ囁(ささや)きが
いつのまにか 夜露(つゆ)にぬれて
心の窓をとじて 忍び泣くのよ


戻 る