「港」

旗野十一郎(はたのたりひこ)作詞・吉田信太作曲

戻 る



空も港も夜(よ)ははれて、
月に数(かず)ます船のかげ。
端艇(はしけ)の通いにぎやかに、
寄せくる波も黄金(こがね)なり。

林なしたる檣(ほばしら)
花と見まごう船旗章(ふなじるし)
積荷(つみに)の歌のにぎわいて、
港はいつも春なれや。

【林柳波作詞による第二節:昭和22年】
(ひび)く汽笛(きてき)に夜は明けて
いつか消えゆく空の星
大漁(たいりょう)の歌も勇ましく
朝日を浴びて船帰る

【ごんべが子供の頃に歌っていた替え歌】
ドレミっちゃん 鼻たれ 目はヤニ目
頭のてんこに 禿(はげ)がある
(はい)がとまれば 手に落ちる
なんと便利な 禿頭(はげあたま)


戻 る