「夫婦みち」

津城ひかる作詞・弦哲也作曲

戻 る



おまえなんかに わかるかと
飛び出して いったまま
今夜も帰りは 午前さま
あんた あんたも浪速の男なら
この世の風の つめたさに
負けちゃいやです ねえあんた

そりゃたしかに生れも育ちも違います。
そやけどお互い、駈け落ちしてまで一緒になった仲やないの。
時がかわったから言うて、あんたの心まで変わるやなんて……
うちは、うちは、うちはほんまにかなしいわ。

母の手紙を 握りしめ
元気かと いう文字に
答えてやれない 親不孝
あんた 死ぬまで一緒ときめた日の
手に手をとった あの涙
あんた忘れて しもたんか

身体ひとつを 寄せ合って
連れ添った 二人です
今更なんにも こわくない
あんた 人生晴れたり曇ったり
笑顔でたえる 夫婦道
ついてゆきます ねえあんた


戻 る