「海」

作詞作曲者不詳/文部省唱歌(五年)

戻 る



松原遠く消ゆるところ
白帆(しらほ)の影は浮かぶ。
干網(ほしあみ)浜に高くして、
(かもめ)は低く波に飛ぶ。
見よ昼の海。
見よ昼の海。

島山闇(やみ)に著(しる)きあたり、
漁火(いさりび)(ひかり)(あわ)し。
寄る波岸に緩(ゆる)くして、
浦風(うらかぜ)(かろ)く沙(いさご)吹く、
見よ夜の海。
見よ夜の海。



戻 る