「牧場の朝」

杉村楚人冠(注)作詞・船橋栄吉作曲/文部省唱歌(四年)

戻 る



ただ一面に立ちこめた
牧場の朝の霧の海。
ポプラ並木のうっすりと
黒い底から、勇ましく
鐘が鳴る鳴る、かんかんと。

もう起出(おきだ)した小舎小舎(こやごや)
あたりに高い人の声。
霧に包まれ、あちこちに、
動く羊の幾群(いくむれ)
鈴が鳴る鳴る、りんりんと。

今さし昇る日の影に
夢からさめた森や山。
あかい光に染められた
遠い野末(のずえ)に、牧童(ぼくどう)
笛が鳴る鳴る、ぴいぴいと。

(注) 作詞者不詳としていましたが、杉村楚人冠作詞だとのことです。
ikeda-2002さんに教えていただきました。ありがとうございます。(2003/06/28)


戻 る