「車にゆられて(ラ・クカラチャ)」

佐木敏作詞(1)/町田直作詞(2)・メキシコ民謡

戻 る




佐木敏作詞(1)

山のふもとまで 続いている道
森のはずれには サイロが見えるよ
車にゆられて 仕事にでかける
ぼくたちの顔に 朝日がまぶしい
ラクカラチャ ラクカラチャ
ゆらゆらゆれて
ラクカラチャ ラクカラチャ
牧場(まきば)の中の
ラクカラチャ ラクカラチャ
でこぼこ道を
ラクカラチャ ラクカラチャ
車がゆくよ

草刈りの仕事 ぼくたちの仕事
一日働き 車にいっぱい
乳をしぼるのは きみたちの仕事
空を見上げれば お日さま笑う
ラクカラチャ ラクカラチャ
ゆらゆらゆれて
ラクカラチャ ラクカラチャ
牧場(まきば)の中の
ラクカラチャ ラクカラチャ
でこぼこ道を
ラクカラチャ ラクカラチャ
車がゆくよ

乾草(ほしくさ)を運ぶ 車の上でも
ギターにあわせて ゆかいに歌おうよ
夕日に向かうと 長い影ぼうし
ぼくらのあとから 追いかけてくる
ラクカラチャ ラクカラチャ
ゆらゆらゆれて
ラクカラチャ ラクカラチャ
牧場(まきば)の中の
ラクカラチャ ラクカラチャ
でこぼこ道を
ラクカラチャ ラクカラチャ
車がゆくよ

町田直作詞(2)

村の娘たちゃ 踊りが大好き
ショールをなびかせ 愉快に踊るよ
村の若者も 踊りは大好き
靴音ひびかせ 陽気に踊るよ
ラクカラチャ ラクカラチャ
拍子をそろえて
ラクカラチャ ラクカラチャ
楽しく踊るよ
ラクカラチャ ラクカラチャ
拍子をそろえて
ラクカラチャ ラクカラチャ
陽気に踊るよ


戻 る