「紅萌ゆる丘の花(三高逍遥の歌)」

沢村専太郎作詞・k.y.作曲

戻 る



(くれない)(も)ゆる丘の花
早緑(さみどり)匂う岸の色
都の花に嘯(うそぶ)けば
月こそかかれ吉田山(よしだやま)

緑の夏の芝露(しばつゆ)
残れる星を仰ぐ時
希望は高く溢(あふ)れつつ
我等が胸に湧返(わきかえ)

千載(せんざい)秋の水清く
銀漢(ぎんかん)空にさゆる時
通える夢は崑崙(こんろん)
高嶺(たかね)の此方(こなた)ゴビの原

ラインの城やアルペン
谷間の氷雨(ひさめ)なだれ雪
夕べは辿る北溟(ほくめい)
日の影暗き冬の波

嗚呼(ああ)故里よ野よ花よ
ここにも萌ゆる六百の
光も胸も春の戸に
嘯き見ずや古都(こと)の月

それ京洛(けいらく)の岸に散る
三年(みとせ)の秋の初紅葉
それ京洛の山に咲く
三年の春の花嵐

左手(ゆんで)の書(ふみ)にうなずきつ
(ゆうべ)の風に吟(ぎん)ずれば
(くだ)けて飛べる白雲(はくうん)
空には高し如意ケ嶽(にょいがたけ)

神楽ケ岡(かぐらがおか)の初時雨
老樹の梢(こずえ)伝う時
檠燈(けいとう)かかげ口誦(くちずさ)
先哲至理(せんてつしり)の教(おしえ)にも

嗚呼又遠き二千年
血潮の史(ふみ)や西の子の
栄枯の跡を思うにも
胸こそ躍(おど)れ若き身に

希望は照れり東海の
み富士の裾の山桜
歴史を誇る二千載(にせんざい)
神武(じんむ)の子等(こら)が立てる今

見よ洛陽(らくよう)の花霞(はながすみ)
桜の下(もと)の男の子等が
今逍遥(しょうよう)に月白く
静かに照れり吉田山


戻 る