「金毘羅船々(こんぴらふねふね)」


香川県民謡

戻 る



金毘羅(こんぴら) 船々
追い手に 帆かけて
シュラシュシュシュ
回れば 四国は
讃州(さんしゅう) 那珂(なか)の郡(ごおり)
象頭山(ぞうずさん) 金毘羅大権現(だいごんげん)
いちど まわれば

金毘羅石段(いしだん) 桜の真盛(まさか)
キララララ
振袖(ふりそで)島田が サッと上(あが)
(すそ)には降りくる 花の雲
いちど まわれば

金毘羅み山の 青葉のかげから
キララララ
金の御幣(ごへい)の 光がチョイさしゃ
海山雲霧(うみやまくもきり) 晴れわたる
いちど まわれば

お宮は金毘羅 船神(ふながみ)さまだよ
キララララ
時化(しけ)でも無事だよ 雪洞(ぼんぼり)ゃ明るい
(いかり)を下(おろ)して 遊ばんせ
いちど まわれば

(いろんなバージョンがあるようです)


戻 る