「金色夜叉(こんじきやしゃ)

宮島郁芳/後藤紫雲作詞・作曲

戻 る



熱海の海岸 散歩する
貫一お宮の 二人連れ
共に歩むも 今日限り
共に語るも 今日限り

僕が学校 おわるまで
何故(なぜ)に宮さん 待たなんだ
夫に不足が 出来たのか
さもなきゃお金が 欲しいのか

夫に不足は ないけれど
あなたを洋行(ようこう) さすが為
父母の教えに 従って
富山一家に 嫁(かしず)かん

如何に宮さん 貫一は
これでも一個の 男子なり
理想の妻を 金に替え
洋行するよな 僕じゃない

宮さん必ず 来年の
今月今夜 この月は
僕の涙で くもらして
見せるよ男子(おのこ) 意気地(いきじ)から

ダイヤモンドに 目がくれて
乗ってはならぬ 玉の輿(こし)
人は身持が 第一よ
お金はこの世の まわり物

恋に破れし 貫一は
すがるお宮を つきはなし
無念の涙 はらはらと
残るなぎさに 月さびし


戻 る