「恋文」

吉田旺作詞・佐藤勝作曲

戻 る



アズナヴール 流しながら
この手紙を 書いてます
秋祭(あきまつり)に 買った指輪(ゆびわ)
小指に光ります
椅子(いす)の上には 赤い千代紙(ちよがみ)
窓のむこう 昼下(ひるさが)りの小雨(こさめ)
何を見ても 貴男様(あなたさま)
想い出して候(そうろう)

熱いココア すすりながら
表書(おもてが)きを 書きました
夢二(ゆめじ)の絵の少女真似(まね)
矢絣(やがすり)を着ています
(ゆか)にはらはら 芥子(けし)の花弁(はなびら)
窓を染める 雨あがりの夕陽(ゆうひ)
朝に夕に 貴男様を
お慕い申し候

(つたな)き文(ふみ)を 読まれし後(のち)
焼いて欲しく候


戻 る