「気のいいあひる」

雨宮すみ江訳詞・ボヘミア民謡

戻 る



むかしあひるは からだが大きくて
海も渡れば 魚も食べたよ
トララララララララ トララララララララ
トララララララララ ララララララララ

ある日あひるは 川辺に来たが
どこもはげしい 流れでしたよ
トララララララララ トララララララララ
トララララララララ ララララララララ

こいつはちょいと 考えもの
おぼれて死んだら つまらない
トララララララララ トララララララララ
トララララララララ ララララララララ

あひるは岸辺に ブラブラ暮(ぐ)らし
足はちぢまる からだは弱る
トララララララララ トララララララララ
トララララララララ ララララララララ

とうとう人間に つかまえられて
気のいいあひるは 豚小屋(ぶたごや)(ず)まい
トララララララララ トララララララララ
トララララララララ ララララララララ


戻 る