「かぞえうた」

わらべうた(手まり歌)

戻 る



地方によりいろいろなバージョンがあります。

一つとや 一夜(ひとよ)明ければ
にぎやかで にぎやかで
お飾り立てたる 松飾(まつかざ)り 松飾り

二つとや 二葉(ふたば)の松は
色ようて 色ようて
三蓋松(さんがいまつ)は 上総山(かずさやま) 上総山

三つとや 皆様子供衆(しゅ)
楽遊(らくあそ)び 楽遊び
穴一(あないち)こまどり 羽根をつく 羽根をつく

四つとや 吉原女郎衆(よしわらじょろしゅ)
手まりつく 手まりつく
手まりの拍子の 面白や 面白や

五つとや いつも変わらぬ
年男 年男
お年もとらぬに 嫁をとる 嫁をとる

六つとや むりよりたたんだ
玉だすき 玉だすき
雨風吹けども まだ解けぬ まだ解けぬ

七つとや 何よりめでたい
お酒盛り お酒盛り
三五に重ねて 祝いましょ 祝いましょ

八つとや やわらこの子は
千代の子じゃ 千代の子じゃ
お千代で育てた お子じゃもの お子じゃもの

九つとや ここへござれや
(あね)さんや 姉さんや
白足袋(しろたび)雪駄(せった)で ちゃらちゃらと ちゃらちゃらと

十とや 歳神様(としがみさま)
お飾りは お飾りは
(だいだい) 九年母(くねんぼ) ほんだわら ほんだわら

十一とや 十一吉日(きちにち)
蔵開(くらびら)き 蔵開き
お蔵を開いて 祝いましょ 祝いましょ

十二とや 十二の神楽(かぐら)
舞い上げて 舞い上げて
歳神様へ 舞納(まいおさ)め 舞納め


こんな歌詞もありました。他にもいろいろあるでしょうね。


一つとや ひと夜明くれば
にぎやかに にぎやかに
お飾り立てたり 松飾(まつかざ)り 松飾り

二つとや 二葉(ふたば)の松は
色ようて 色ようて
三蓋松(さんがいまつ)は 春日山(かすがやま) 春日山

三つとや 皆さんこの日は
楽遊(らくあそ)び 楽遊び
春さき小窓で 羽根をつく 羽根をつく

四つとや 吉原女郎衆(よしわらじょろしゅ)
手まりつく 手まりつく
手まりの拍子は おもしろい おもしろい

五つとや いつも変わらぬ
年男 年男
年をはとらずに 嫁をとる 嫁をとる

六つとや 無病でたたんだ
玉ずさは 玉ずさは
雨風吹いても まだ解けぬ まだ解けぬ

七つとや 南無阿弥陀仏と
手を合わせ 手を合わせ
後生(ごしょう)を願えや おじじ様 おじじ様

八つとや やわら良い子だ
器用な子じゃ 器用な子じゃ
おちよで育てた お子じゃもの お子じゃもの

九つとや ここへござれや
あね御さん あね御さん
足袋や雪駄で ジャラジャラと ジャラジャラと

十とや 塔福寺(とうふくでら)の鐘の音 鐘の音
今なる鐘は除夜の鐘 除夜の鐘


権藤花代作詞の「かぞえうた」は次のとおり。
めぐさんに教えていただきました。(2007/07/26)


一つとや 
ひとりで早起き 身を清め 身を清め
日の出をおがんで 庭はいて 水まいて

二つとや
ふだんにからだを よくきたえ よくきたえ
み国にやくだつ人となれ 民となれ

三つとや
身じたくきちんと ととのえて ととのえて
ことばは正しく はきはきと ていねいに

四つとや
よしあしいわずに よくかんで よくかんで
ごはんをたべましょ こころよく ぎょうぎよく

五つとや
いそいでいきましょ 右がわを 右がわを
みち草しないで 学校に おつかいに

六つとや
虫でも草でも 気をつけて 気をつけて
しぜんの姿をしらべましょう 学びましょう

七つとや
なかよくみんなで おとうばん おとうばん
ふく人 はく人 はたく人 みがく人

八つとや
休みの時間は 元気よく 元気よく
まりなげ なわとび おにごっこ かくれんぼ

九つとや
心はあかるく 身はかるく 身はかるく
進んで仕事の手伝いに 朝夕に

十とや
東亜のまもりを になうのは になうのは
正しい日本の子どもたち わたしたち


戻 る