「風の子」

サトウハチロー作詞・古関裕而作曲

戻 る

〔レコード会社の専属楽曲のため、メロディはアップできません〕



お芋(いも)のはっぱに 小風(こかぜ)が吹いた
ころりと朝露(あさつゆ) ころげて落ちた
風の子風の子 飛べ飛べ飛んで
おうちの母さんに 話してこい

しもやけふくれて お口があいた
すかしてみたらば 夕日が赤い
風の子風の子 とことこかけて
風見の鳥にも 話してこい

おなかがすいたら 眠たくなった
たき火のけむりが お目めにしみた
風の子風の子 ぶんぶん吹いて
泣いてやしないと 話してこい

おつかい帰りに 灯(あか)りがついた
子犬が横丁で しっぽをふった
風の子風の子 てくてく行って
元気でいるよと 話してこい

(注) 終戦直後の昭和23〜24年に制作された「白雪先生とこどもたち」の主題歌です。
歌詞は、山田さんのご協力により、入手出来ました。ありがとうございます。
なお、アルバム「サトウハチロー記念館 童謡・コロムビア編」(1993年11月)に
川田孝子の歌で収録されており、同記念館より発売されています。(2006/11/16)



戻 る