「金糸雀(かなりや)」

西條八十作詞・成田為三作曲

戻 る



(うた)を忘れた 金糸雀(かなりや)
(うしろ)の山に 棄てましょか
いえ いえ それはなりませぬ

唄を忘れた 金糸雀(かなりや)
背戸(せど)の小薮(こやぶ)に 埋(い)けましょか
いえ いえ それはなりませぬ

唄を忘れた 金糸雀(かなりや)
柳の鞭(むち)で ぶちましょか
いえ いえ それはかわいそう

唄を忘れた 金糸雀(かなりや)
象牙(ぞうげ)の船に 銀の櫂(かい)
月夜の海に 浮(うか)べれば
忘れた唄を おもいだす

(注) 前半のテンポが間違っていました。かなり早すぎました。ごめんなさい。
あやよっこさんに教えていただきました。ありがとうございます。(2004/02/22)


戻 る