「案山子(かかし)

作詞作曲者不詳/文部省唱歌(二年)

戻 る



山田(やまだ)の中の一本足の案山子、
天気のよいのに蓑笠(みのかさ)(つ)けて、
朝から晩までただ立ちどおし。
歩けないのか、山田の案山子。

山田の中の一本足の案山子、
弓矢で威(おど)して力(りき)んで居(お)れど、
山では烏(からす)がかあかと笑う。
耳が無いのか、山田の案山子。


戻 る